インフレと コロナ禍の中の 生活

高齢者は年金は減らされ、生活必需品は値上げまた値上げで生活の質を落とさなければと、頭の痛い日々であるにも関わらず、日銀の総裁は「家計は値上げを容認している」と発言し、多くの人の怒りをかっているようです。もちろん怒っている中に私も入っています。
コロナ禍による経済悪化で所得が減り、消費が減少したことで貯蓄が増え、家計金融資産の増加があったかもしれないけど、これを値上げを容認していると考えるのは少し違うと思いますが。私に限って言えば、モノの値段が上がれば将来が不安で益々お金を使わずに、死んだような生活になりそうです。

「貯蓄から投資へ」とか「資本所得倍増計画」とか私にとっては、訳の分からない事ばかりで、どのように対処して残りの人生を、他の人に負担をかけないで過ごせば良いんでしょうね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

有松の絞り祭り

次の記事

ポイント制度