桜の開花を追いかけて東北へ

準備

親しくしている友人から東北旅行のお誘いがありました。コロナの事もあるし、と思いつつも思い切って出かけることにしました。以前に2度ほど東北へはでかけたことがありましたが、その時は桜の花はまだ蕾ばかりで、サクラの花の鑑賞はできませんでした。その時と同じコースのようです。今回は満開を見てみたいと思いながらのツアーでした。2泊3日の短い旅行でした。

1日目

名古屋を出発して東京で乗り換えて、jRの北上駅からバスでそのまま北上展勝地の桜を見て、その後巨大な花崗岩から伸びたエドヒガン桜を見学し、ホテルへ向かいました。

2日目

弘前公園の桜をガイドさんの丁寧な案内で見学し、角館の桜と武家屋敷を見学しました。コロナのために人出は例年より非常に少ないとのことでしたが、多くの人が来ていました。

3日目

小岩井の1本桜を見た後中尊寺から松島を散策そして仙台駅から帰路へ

感想

3日間ともお天気が良く、短い期間でしたが桜を満喫できました。また雪景色と桜を同時に見る事ができるとは、思っていませんでしたので随分得したきもちになりました。

コロナのために、行く所、行く所で手を消毒しながらの旅でしたので、手は荒れてしまいましたが、バスは二人座席を一人で使用してゆったりとしていました。旅行代金は\124500でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

終わりと始まり